- 体験は宝物 -

山本真規子山本真規子◆カウンセラー

私は最初からカウンセラーを志して、こちらのスクールに来たわけではありませんでした。その頃の私は、自分のこころのつぶやきを、誰かに話すということが、とても苦手でした。自分が何を感じているのか、何を表現したいと思っているのか、自分で整理出来ないまま、なんとなく重苦しい日々を送っていました。

そんな時、カウンセリングというもの体験して、自分の心の中で、くもの巣みたいにごちゃごちゃにからまっている、自分では整理することの出来なかったいろいろな思いがとてもシンプルになった! という体験をしました。

本当に分かってもらえた、共感してもらえた、受け入れてもらえた、という経験が、こんなにも心を軽くし、心にゆとりを作り出すものなんだという実感が、私には宝物になりました。

そして気が付くと、私もカウンセラーになって、たくさんの人が抱えている混乱を、解いていくお手伝いがしたい!と思うようになりました。とても凹んでしまって、自分の価値を見失ってしまっているクライアントさんが、カウンセリングを通じて、自分自身の良さや輝きを取り戻していくお手伝いが出来た時に、ホントにうれしくて、ニコニコ輝いている自分自身に出会うことが出来ます。

たくさんのクライアントさんと、寄り添い、サポートをしながら、私は日々クライアントさんに成長させてもらっているのだなぁと実感します。
まずは、みなさんがカウンセリングを体験して、癒された経験を(小さなことでも)持ってみて下さい。きっとその経験というのが、自分自身の宝物となり、たくさんの人にその体験を与えていける喜びになるでしょう。