カウンセラー養成コース

コースの流れ

カウンセリング臨床現場で基礎を学び(初級)、ボランティアカウンセラーとして活動を開始(中級・上級)。 卒業後は、当社の個人カウンセリング部門・カウンセリングサービスに所属してプロカウンセラーとして活躍したり、カウンセラーとして独立開業、お仕事にカウンセリングを生かすなど活躍の道が開けています。

講座の流れ図

詳細をみる>>

カウンセラー養成・初級コース

まずは、自分自身を癒すこと。自分自身が癒されていなければ、人を癒すことはできません。心理学やカウンセリングが人を癒すのではなく、人が人を癒すのです。

カウンセラー養成講座・初級コースでは、まずみなさんが"自分自身を深く癒す"ということをしていただきます。理論や技法を学ぶことも大切ですが、"人を癒す"ことで一番大切なことは、自分自身の感情について体験的に学び、自分自身が癒されることです。そうして初めて周りの人を癒すことができるのです。臨床の現場に立会い、周りの人を実践的に癒して行く機会を多く取り入れ、人とつながるということ、癒し・癒されるということ等を体験的に学んでいただきます。多くの講座に受講生として参加し、たくさんの癒しを体験してください。なぜなら"癒しの経験"があって初めて、人の痛みがわかるからです。
心理学やカウンセリングが人を癒すのではなく、人が人を癒すのですから。

詳細をみる>>

カウンセラー養成・中級コース

初級コースを修了した後は、カウンセリングを行う(※)ことで現場で役立つ技術の養成に取り組みます。 ※まずはボランティアからはじめます。

初級コースで徹底的に自分自身を癒した後は、あなたが受け取った癒しを周りの人々に与えて行きます。ヒーリングワークやその他の講座に参加する際にはアシスタントとして活躍していただいたり、受講生のケアをしていただいたり、受け取るよりも与えることによって自分自身と周りを癒して行きます。
また、ボランティアカウンセラーとしてのトレーニングを受けた後は、ボランティアカウンセリング活動を開始することができます。この活動を通じて、カウンセラーとしての一歩を踏み出します。

詳細をみる>>

カウンセラー養成・上級コース

中級コースを修了した後は、カウンセリングを行いながら培った経験を元にプロとしてカウンセリング活動を開始します。(電話/面談カウンセリング)。
※ボランティア活動を通して実績を残された方のみ

このコースは将来あなたがカウンセラーとして活躍するために必要な要素について、セラピストから与えられた課題に取り組みながらプロになるためのトレーニングを行うコースです。カウンセラーとして取り組む姿勢や、私達の態度、振る舞いが人に与える影響にも重点を置きます。そして、カウンセラーとして克服すべき課題があれば、その部分には積極的、徹底的に取り組んでいきます。

●スクール卒業後のお仕事
当スクールが養成したカウンセラーが活躍する 『カウンセリング・サービス

詳細をみる>>