カウンセリング臨床実例 ?癒しの物語?

やけどを負った女性のお話?やけどをセラピーで治す!?

神戸メンタルサービス代表の平準司です。
当スクールで行っているカウンセリングを理解していだけるよう、カウンセリングの実例をご紹介いたします。

ある時、私のもとに一本の電話がかかってきました。
「私、やけどなんですけど、治りますか ?」
という電話がかかってきたんです。私の所にはいろいろな電話がかかってきますが、これは特に変わった電話でした。
「え?やけど? 電話する所を間違えてるんじゃないですか ?」
というのが僕の第一印象でした。
「うちは美容整形でも、整形外科でもないのに、何をしろっていうんだろう ?」
と思いました。
そして、彼女の話をしばらく聞いていたのですが、これは私が癒すことができると思いました。そこで、
「あなたが思っているやり方とは全然違うけども、治すことができるよ」
と言いました。そして、会うことになりました。

詳細をみる>>

不安症に悩んでいた男性のお話 -母親の笑顔を見たかった-

カウンセリングに来られる方の中には、対人恐怖症や外出恐怖症、視線恐怖症など、さまざまな不安症の方もいらっしゃいます。

彼らの中には、「ある日突然、そういった不安に恐れて会社に行けなくなった」という方もいれば、「小さな頃から不安だった」という方もいらっしゃいます。

では、こういった不安症はいったいどこからやってくるのでしょうか?

詳細をみる>>

姉さん女房が陥る罠!?@ダメ男ばかりが目に付く理由

最近は年上の姉さん女房が増えていますが、彼女たちのカウンセリングをしていると、姉さん女房タイプが陥りやすい罠が見えてきます。


以前、カウンセリングに来てくださった祥子さん(仮名 40代前半)はご主人よりも10歳年上の姉さん女房でした。付き合っていたころは良かったらしいのですが、結婚して以来、ご主人に対する不満がいっぱい出てきたとのことでした。

詳細をみる>>